【男性の尿】おしっこが長い、キレがない原因は前立腺肥大の可能性大!

【男性の尿】おしっこが長い、キレがない原因は前立腺肥大の可能性大!

  • トイレが長いと言われる
  • 尿に勢いがない
  • チョロチョロとしか出ない
  • おしっこのキレが悪い
  • 少しずつずっと出る

あなたもおしっこの時このような症状はありませんか?

 

男性に多いこのような尿トラブルは一般的に頻尿と呼ばれ、加齢とともに悩む人が増えていきます。

 

早い人では30歳代から、一般的にあh40歳代から増えはじめ、50~60歳代ともなると約半数の男性に、65歳では約70%の男性がこのような尿トラブルを抱えていると言われています。

 

尿のキレがわるいとスッキリしないばかりか、おしっこ終わりにもパンツに尿がついて染みたりして困りますよね。

 

他にも、夜中目が覚めてトイレに行きたくなったり、トイレをし終わっても残尿感があるという人も要注意です。

 

この記事を読めば、おしっこのキレが悪い原因がハッキリとわかり、それに最適の自力対策ケアに取り組むことができます。

 

病院に行かずとも改善するケースも多いので、ぜひ積極的に取り組んでいきましょう。


 

男性の頻尿にもっとも多い前立腺肥大症

前立腺とは男性の精液をつくる働きする女性にはない男性特有のもので、膀胱のしたにあり尿道をとりまくように存在します。

 

問題なのは、この前立腺は年齢とともに肥大するということ。

 

肥大して膨らんだ前立腺は尿道を圧迫したり膀胱を刺激して、思うように排尿がうまくいかなかったり、膀胱に尿がたまりやすくなって頻尿や残尿感をうむ原因になります。

 

尿ぎれが悪いという人は、この前立腺肥大症が原因となっている可能性大です。

 

 

これは異常でも何でもなく、男性は誰でも加齢とともに前立腺は肥大していくものなのです。

 

肥大しはじめる年齢やスピードは人それぞれですが、男なら決して他人事ではなくほぼほぼみんななるものだと思っておいていいほど。

 

前立腺肥大による尿トラブルが、

  • 尿の勢いが弱い
  • キレが悪い
  • 残尿感ある

程度の軽度のものであれば自己ケアによる改善も可能です。

 

ただし、症状が悪化して

  • 尿がチョロチョロ漏れる(溢流性尿失禁)
  • 尿が出なくなる(閉尿)

こういった症状がある方は早急な対応が必要です。ここまで放置する人は少ないかと思いますが、自己ケアでどうこうしようとせずに泌尿器科の専門医に相談してください。

 

 

わたし自身、この前立腺肥大症による尿トラブルで長年悩んだことから、これまで実践してきた効果的な対策や勉強した知識をもとに当サイトを立ち上げました。

 

症状が軽いうちに早めに対処すれば自力でも改善できるので、ぜひ現状把握とともに正しい対策に取り組んでいきましょう。


 

前立腺肥大の原因や対策については、こちらの記事で徹底的に詳しく解説しています。男性はすべからく他人事ではないので、ぜひご覧になってください。

 

page top