映画館でおしっこが我慢できない!今すぐできる3つの頻尿対策!

映画館でおしっこが我慢できない!今すぐできる3つの頻尿対策

 

映画上映中にトイレに行きたくなる…

 

あなたもこの悩み、抱えていませんか?

 

3時間などの長時間映画ならまだしも、2時間弱くらいの映画でトイレが我慢できないというのは、やはり頻尿の傾向があります。

 

しかも一度や二度ならず、ほぼ毎回必ずといっていいほどなるという方は、根本的な何らかの頻尿トラブルを抱えている可能性大です。

 

事前に必ずトイレに行くのに、映画中に尿意がこみ上げてきて、

  • 映画に集中できない
  • トイレに行くタイミングで迷う
  • 大事なシーンを見逃す

などなど困ることばかりですよね。

 

 

この記事では、映画中にトイレに行きたくなる人の特徴や原因と、トイレに行かなくても済むようにするための具体的な対策をお伝えします。


映画館でおしっこが我慢できない理由は?

映画が始まる前にトイレに行ったにも関わらず2時間そこらが我慢できないというのは、以下のような頻尿トラブルを抱えている人に多いケースです。

理由1. 神経性頻尿

心因性の頻尿です。心理的な不安やストレスによって尿意を催す人はこのタイプ。

  • 不安や緊張などで尿意が起こりやすい
  • 夜寝ている間は頻尿ではない
  • 昼間起きている間に頻尿なことが多い
  • 尿意はあるが漏らしたりすることは少ない

 

神経性頻尿の特徴は、夜間頻尿のような症状がないこと、膀胱まわりのトラブルによる頻尿ではないことです。

 

夜はトイレで起きることもなくぐっすり眠れるけど、昼間学校や会社などにいるときには頻繁にトイレにいく。という方は心因性の可能性が高いです。

 

また、精神的な要因なために尿意を感じてトイレにはいくけど、自分の意思とは関係なく漏らしてしまったりすることは少ないでしょう。

 

理由2. 過活動膀胱

過活動膀胱とは、自分の意思とは関係なしに膀胱が急に収縮する症状をいいます。

 

若い人よりもとくに40歳以上の方に多く、年齢が上がるにつれてその割合も増えていく傾向があります。

 

代表的な症状としては、

  • 昼間だけでなく夜間も頻尿で目が覚める
  • 我慢できないほど強い尿意に襲われることがある
  • トイレに間に合わず失禁(漏らす)ことがある

などがあります。映画館だけでなく、家にいるときや夜寝ている間も同じように頻尿気味だという方は、この過活動膀胱になっている可能性大です。

 

過活動膀胱になる原因はさまざまですが、主に

  • 自律神経の乱れ
  • 骨盤底筋群のゆるみ

などによって起こることが多く、男性の場合は前立腺肥大と合併しているケース、女性の場合は腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁などになっているケースが一般的です。

また、脳梗塞などの脳血管障害や認知症、パーキンソン病などによる病気、事故などによって脳や神経が傷ついたことにより排尿コントロールがうまくいかなくなり、過活動膀胱になるケースもあります。

 

映画館でおしっこを我慢する対策方法3つ!

ここからは、映画館でおしっこを気にせず映画を満喫するために、今すぐできる具体的な対策をご紹介します。

 

どれか一つから始めてもいいですし、できればすべて同時にケアできるうえにその方が効果が高いのでぜひトライしてみてくださいね。

 

対策1. 頻尿サプリを飲む

 

頻尿の症状を和らげるサプリメントを飲むことで、一回の排尿量を増やして排尿回数を減らすことが期待できます。

 

頻尿の症状が軽い方は、継続的に飲み続けることで根本的に尿トラブルから解放されるのでおすすめです。

 

男性の頻尿には「凄いノコギリヤシ」 女性の頻尿には「ナチュラエース」

 

 

頻尿サプリは男性と女性でおすすめの成分が異なるため、飲むべきものも変わってきます。成分や選び方など詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

 

>>失敗しないための頻尿サプリ徹底比較ランキング


 

対策2. カラダを冷やさない

 

冷え性の方はとくに頻尿になりやすい傾向があります。とくに下半身が冷えると筋肉が硬直し、膀胱の筋肉までかたくなるので尿がためにくくなりがちです。

 

尿がたまりにくくなるとすぐに膀胱がいっぱいになるので、結果的に尿意が起こりやすくなります。

 

映画館はとくに冷房もきいていて室温も低めなので、厚手の上着を持参するなり、レンタルブランケットなども活用するといいでしょう。

 

対策3. 飲み物を控える

 

これもカラダを冷やさないにつながる部分もありますが、基本的に水分を抑えれば膀胱に尿もたまりにくいです。

 

心因性の頻尿ではないケースでは、これだけでもかなり上映中のトイレは阻止できます。

 

乾燥していて喉がかわく場合は、飴などでのどを潤す工夫をしましょう。

 

トイレを気にせず集中して映画を楽しむために

いかがでしょうか?

 

これらのちょっとした対策でこれまで心の底から楽しめなかった映画館を満喫できるようになります。ぜひお試しください。

 

 

誰でも経験あると思いますけど、映画中にずっとおしっこの心配するのってホント嫌なものです。

 

せっかくの映画館代金を無駄にしないためにも、トイレのことなんて気にせず映画に入り込みましょう!


 

また、すべて試してもそれでも頻尿の症状が治らないという方は、自己ケアだけに頼るよりも気軽に泌尿器科に相談しましょう。症状が悪化するために治療にあたったほうが回復しやすいのはたしかです。

 

 

page top