頻尿、尿もれに効くは嘘?イソサミジンの効果や危険性を徹底解説!

頻尿、尿もれに効くは嘘?イソサミジンの効果や危険性を徹底解説!

出典:http://kikaijima-aojiru.hatenablog.com/entry/kikaijima_aojiru24

 

頻尿や尿もれ改善に役立つサプリメントにメイン成分としてよく配合されているのを見聞きする「イソサミジン」という成分。

 

とくに女性向けの尿トラブル改善サプリによく配合されていて、男性向けのノコギリヤシとともに有名な成分ですね。

 

しかし、イソサミジンと言われてもあまり馴染みがない人も多いと思います。それ何?本当に効くの?と疑問に思う方も多いでしょう。

 

そこで今回は、イソサミジンとはそもそも何なのか?効果は嘘か本当か?など実際の臨床実験などを徹底リサーチしてそのエビエンスについて調べてみました。

 

 

とくに女性で尿トラブルに悩まれている方、イソサミジン系サプリに興味がある方の参考になればと思います。

 

また、口に入れるものなので安全性はしっかり把握しておきたいところです。イソザミジンに危険性はないのかなどにについても調べてみました。


そもそもイソサミジンって何?

出典:http://botanboufu.com/botanboufu/

 

イソサミジンとは、おもに九州南部から沖縄の海岸沿いに自生するセリ科の多年草ボタンボウフウ(学名 Peucedanum japonicum)から抽出される成分をいいます。

 

写真を見てもらえばわかる通り、葉っぱが肉厚で牡丹の葉に似ていることから、牡丹防風(ボタンボウフウ)と名付けられたそうです。

 

ちなみに、沖縄では長命草やサクナとも呼ばれていて、葉っぱを和え物や天ぷらとして食べたりします。

 

近年タカラバイオをはじめとする様々な機能性研究から、イソサミジンという成分が

  • 排尿障害改善作用
  • 動脈硬化予防作用
  • 血管拡張作用

など色んな作用があることが明らかになってきました。

 

 

ちなみにボタンボウフウは屋久島や沖縄にしか生息しないので、国産ではない海外産のサプリにイソサミジンが配合されていることはありません。

 

もしあったら、そのサプリは疑ってかかった方がいいでしょう。


 

イソサミジンが有効とされている2つの尿トラブル

 

イソサミジンの働きとして最も特徴的なのが、膀胱や前立腺の筋肉の過剰収縮を緩める作用です。

 

以下のような尿トラブルでは、原因の一つのこれらの過剰収縮が考えられるのでイソサミジンによって改善ケアできる可能性があります。

 

過活動膀胱による尿トラブル

過活動膀胱は近年命名された新しい尿トラブルで、おもな症状はとしては

  • 夜間に尿意で目が覚める
  • 昼間起きているときにもトイレが近い
  • 我慢できないほどの尿意に襲われる(尿意切迫感)
  • 失禁する(尿をもらしてしまう)

などが挙げられます。男女関係なく、40歳以上の8人に一人がこの過活動膀胱だといわれています。

 

>>過活動膀胱について詳しくみる

 

前立腺肥大による尿トラブル

これは男性特有の尿トラブル原因で、尿道周りにある前立腺が肥大して尿道や膀胱を圧迫することでさまざまな排尿トラブルや頻尿を引き起こします。

 

主な症状としては、

  • トイレが近い
  • 夜中トイレで起きる
  • 尿の勢いが弱い
  • 尿が途中でとぎれる

などなど。前立腺が肥大するのは特別なことではなく、とくに40歳以上の男性ならばほとんどの人が前立腺肥大の傾向があり年々加齢とともにその肥大率も人数も多くなります。

 

若い男性でも起こりうることなので、男性なら誰しも他人事ではない尿トラブル要因の一つなのです。

 

>>前立腺肥大について詳しくみる

 

イソサミジンの効果がわかる3つの機能評価実験

 

以下で紹介するのはタカラバイオが行ったボタンボウフウに含まれるイソサミジンの機能評価実験です。

 

イソサミジン成分が過剰に収縮した膀胱や前立腺を弛緩させる作用があることが、これらの実験によって明らかになりました。

 

機能評価実験その1

出典:https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/botanbouhu/botanbouhu02.html

 

動物実験です。ウサギの膀胱組織はアセチルコリン、前立腺組織はフェニレフリンと共に、ボタンボウフウの活性成分であるイソサミジンを作用させ弛緩率を測定しました。

 

その結果、イソサミジンが過剰に収縮した膀胱や前立腺の平滑筋を弛緩させることが明らかになりました。

 

 

機能評価実験その2

出典:https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/botanbouhu/botanbouhu02.html

 

次は、静岡県立大学とタカラバイオとの共同研究です。

 

ラットにイソサミジンエキスを経口投与し、その1時間後に30ml/kgの水を飲ませました。続いて、水負荷(飲水)後2時間の排尿回数および排尿量を測定しました。

 

出典:https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/botanbouhu/botanbouhu02.html

 

その結果、イソサミジンエキスは水負荷によって生じる排尿回数の増加を抑制することがわかりました。また、イソサミジンエキスの投与により1回当たりの排尿量が増加することもわかりました。

 

機能評価実験その3

出典:https://agribio.takara-bio.co.jp/technology/botanbouhu/botanbouhu02.html

 

最後に、頻尿に対するイソサミジンエキスの作用を調べた動物実験です。

 

酢酸誘発頻尿モデルラットにイソサミジンエキスを経口投与し、シストメトリー法により、投与前後の排尿パラメータを測定しました。

 

その結果、イソサミジンエキスの経口投与により、排尿回数が減少し、排尿間隔が延長することが分かりました。

 

このことから、イソサミジンエキスには頻尿を改善する作用があると考えられます。

 

ノコギリヤシは本当に安全?副作用や健康被害はないの?

 

ネット上を見るかぎりでは、摂取しすぎると腹痛や下痢などの症状を引き起こす可能性があるなどの諸説あるようです。

 

ですが個人的に文献や実験など詳しく調べてみたところ、医学的な根拠や実験結果、科学的エビデンスは見つかりませんでした。

 

あくまで健康食品(サプリメント)として、用法容量を守っていれば危険性はないと考えます。安全性は高いでしょう。

 

 

ただし、過度な摂取は安全性を損なう可能性もあるのでやめましょう。

 

だってそうでしょ?例えばチョコレートは安全ですし栄養カロリーも満点ですが、チョコレートばかり毎日毎日食べているときっとカラダに良くないのは明らかです。

 

何でも偏ったり食べ過ぎたりするのは良くないですよね。


ノコギリヤシやカボチャ種子エキスとの併用も効果的

タカラバイオでは、イソサミジンとノコギリヤシやカボチャ種子エキスと一緒に配合したサプリメントも発売されています。

 

それぞれ、併用することによって効果が高まることが動物実験でも証明されているようです。

 

なので、個人的におすすめしたいのは

  • 女性ならば…イソサミジン+カボチャ種子
  • 男性ならば…イソサミジン+ノコギリヤシ

です。参考にしていただければと思います。

 

 

女性は前立腺がないのでノコギリヤシはあまり意味ないので、イソサミジンがより多く含まれている、もしくはカボチャ種子エキスと併用できるサプリメントを選ぶべきでしょう。

 

下記に、それぞれにおすすめのサプリを紹介しておきます。もっと色んな商品を見てみたい方は比較ランキングも参考にしてみてくださいね。


 

男性の頻尿には「凄いノコギリヤシ」 女性の頻尿には「ナチュラエース」

page top